10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1880年代のアメリカ 共和党と民主党

1880年代、日本は明治時代。大日本帝国憲法が発布されてころである。 このころ、アメリカでは民主党と共和党の2大政党制が確立された。メインブログでは当時の共和党と民主党の違いをまとめています。 詳細はこちら 1880年代のアメリカ 共和党と民主党 – 10…

9世紀のビザンツ帝国 ブルガリア帝国の脅威とロシアとの同盟

9世紀、トルコ、ギリシャを統治していたのはビザンツ帝国であった。この時、大きな脅威を北に抱えていた。アジア系騎馬民族ブルガリアである。当時のブルガリアはバルカン半島の大部分を支配していた。そのため、ビザンツ皇帝は黒海へ進出した新興国南ロシア…

1890年代のアメリカ 米西戦争とマッキンリー大統領

1890年代、清王朝が日清戦争に敗北。90年代後半に一気に中国分割に進んだ。しかし、アメリカはこの中国分割に参加することができなかった。そのために出されたのがジョン=ヘイの門戸開放令である。20世紀に入ると、列強から中国市場を獲得するために動き出…

11世紀のビザンツ帝国 セルジューク=トルコと第一回十字軍

11世紀、東方正教会とローマ=カトリックは相互破門を実施した。そのような中、中東からセルジューク=トルコが侵攻。ビザンツ皇帝はローマ教皇に支援を求めた。そこで壇上したのが第1回十字軍であった。 詳細はこちら 11世紀のビザンツ帝国 セルジュークトル…

1900年代のアメリカ Th=ローズヴェルト大統領の棍棒外交

1900年代、日本は日露戦争に勝利し列強の仲間入りを果たした。この日露戦争はアメリカにとっても重要な戦争であった。 90年代の日清戦争で始まった中国分割にアメリカは出遅れた。しかし、日露戦争を仲介することで中国市場への足掛かりをここで得た。 当時…

12世紀のビザンツ帝国 セルジューク=トルコ

12世紀、ビザンツ帝国は衰退傾向になった。その理由は11世紀末にセルジューク=トルコに小アジアを奪われたことである。その後のビザンツ帝国は、ノルマン人(両シチリア王国)の侵攻やブルガリア王国の反乱でさらに領土を縮小させた。

1910年代のアメリカ 第一次世界大戦とウィルソン大統領

1910年代後半、第一次世界大戦が行われた。アメリカは当初中立の立場をとっていた。しかし、ドイツがアメリカ船を攻撃したことでドイツへの攻撃を開始した。アメリカの参戦でドイツは敗北した。 アメリカは、第一次世界大戦を通じて債務国から債権国へ移行し…

13世紀のビザンツ帝国 十字軍とモンゴル

オスマン帝国は14世紀に建国された。今回からオスマン帝国成立前のトルコとギリシャの歴史をビザンツ帝国(ローマ帝国)を中心にして見ていこうと思います。 13世紀はモンゴルの世紀である。ビザンツ帝国もその例外ではなかった。北にはキプチャクハン国が建…

1920年代のアメリカ 繁栄の20年代

第一次世界大戦が終わったアメリカは、繁栄の20世紀を迎えた。大量生産、大量消費、大衆文化の時代である。その象徴が自家用車と映画である。この時代、フォードが大衆車の販売を開始した。また、映画では、チャップリンやウォルトディズニーが活躍した。 第…

14世紀のオスマン帝国 オスマン帝国の建国

14世紀、日本は鎌倉幕府が滅亡し、南北朝の戦乱期に入ったころである。 トルコでは、17世紀のアジア4大大国の1つであるオスマン帝国が建国された。建国当時のオスマン帝国周辺はモンゴル大帝国に囲まれていた。北にはキプチャクハン国、南にはイルハン国が存…

1930年代のアメリカ 世界大恐慌とF=ローズヴェルト大統領

1930年代、世界は世界大恐慌に悩まされていた。 20年代、アメリカは繁栄の20年代を迎えていた。しかし、29年ニューヨークで世界大恐慌が発生。これにより、世界大恐慌が始まった。 共和党フーバーは、世界恐慌になっても有効な経済政策が打てず、32年の大統…

15世紀のオスマン帝国 ビザンツ帝国を滅ぼす。

15世紀初頭のオスマン帝国は滅亡寸前の状態であった。その理由は中央アジアのティムールからの侵攻である。しかし、ティムールが亡くなるとティムール朝は急速に衰退した。 そして、オスマン帝国は中断していたビザンツ帝国への侵攻を再開した。これによりビ…

1940年代前半のアメリカ 第二次世界大戦とF=ローズヴェルト大統領

第二次世界大戦は、1939年から45年にかけて行われた。世界を巻き込んだ戦いである。当時の大統領は、民主党のF=ローズヴェルト大統領である。F=ローズヴェルト大統領は異例の3期目に入っ アメリカは、第二次世界大戦において中立を保っていた。アメリカの関…

16世紀前半のオスマン帝国 スレイマン1世の全盛期

16世紀前半、日本は戦国時代。オスマン帝国はスレイマン1世の全盛期に当たる。イランからバグダード(イラク)を併合。ヨーロッパ方面ではウィーン包囲を実現した。 外交面では、フランスと同盟関係を結び、フランス商人を優遇した。 詳細はこちら 16世紀前…

1940年代のアメリカ 冷戦の始まりトルーマン大統領

1945年、第2次世界大戦の終盤に、アメリカのF=ローズヴェルト大統領が亡くなった。これを引き継いだのが民主党のトルーマン大統領である。 45年8月、日本の降伏によって第二次世界大戦が終結した。その2か月後、国際連合が設立。長きにわたる平和が始まるも…

16世紀後半のオスマン帝国 スペイン無敵艦隊に敗れる

16世紀後半、日本では戦国時代。織田信長や豊臣秀吉が解約した時代である。 このころのトルコ・ギリシャはオスマン帝国の時代である。16世紀半ばにスレイマン1世の全盛期を迎えている。16世紀後半になるとオスマン帝国の陰りが見え始める。その象徴は、レヴ…

1950年代のアメリカ 朝鮮戦争とアイゼンハワー大統領

50年代、日本は独立を回復。朝鮮戦争を機に高度成長期が始まろうとしていた。 50年代初頭のアメリカは、危機に陥っていた。40年代の終わりごろ、ソ連が核実験に成功。さらに中華人民共和国が成立した。強気の東側陣営は、冷戦第2Rを仕掛けてきた。朝鮮戦争…

17世紀前半のオスマン帝国 アッバース1世の侵攻を受ける

17世紀前半、日本では江戸幕府の創成期である。徳川家康が江戸幕府を開き、大坂夏の陣で戦国時代を終わらせた時代である。 このころ、バルカン半島や小アジアを統治していたのはオスマン帝国であった。16世紀末、オスマン帝国に脅威が東に誕生した。サファヴ…

1960年代のアメリカ キューバ危機とケネディ大統領

1960年代、日本では高度成長期に入り、東京オリンピックが開催された。 60年代は、キューバ危機で始まった。核戦争寸前までいったキューバ危機は平和裏に終結した。これにより米ソ関係は再び改善した。 しかし、アメリカは徐々に衰退傾向になった。ベトナム…

ポータルサイトのブログで1880年の歴史をやっています。

こんばんは、sekaishiotakuです。 明日から1880年代の世界史をアップします。よければポータルサイトの方から飛んでみてください。 5月3日の憲法記念日に合わせて、明治憲法が制定された1880年代の世界の歴史を見ていきます。お楽しみに https://sekaishiota…

17世紀後半のオスマン帝国 第二回ウィーン包囲を見たモーツァルト

17世紀後半のトルコ・ギリシャはオスマン帝国が支配していた。 オスマン帝国は、北方に大きな敵が誕生した。ロシア帝国である。ロシア帝国はピョートル大帝が皇帝になると黒海の北にあるアゾフ海へ進出した。 一方、バルカン半島では三十年戦争で弱体化した…

1970年代のアメリカ ニクソンショック

1970年代にはいると、アメリカは不況のど真ん中にあった。そのような中で誕生したのが誕生したのがニクソン共和党大統領であった。ニクソン大統領は泥沼化するベトナム戦争を解決するため、訪中した。さらに、ブレトンウッズ体制から離脱した。 しかし、弱っ…

18世紀前半のオスマン帝国 チューリップ時代のオスマン帝国

18世紀前半のオスマン帝国(トルコ・ギリシャ)はチューリップ時代という文化が花開いた時代に入る。当時同盟国のフランスは太陽王ルイ14世の絶頂期でフランス文化がトルコの宮廷に大きな影響を与えた。 一方で、北(ロシア)と東(イラン)に2人の強敵が現…

1980年代のアメリカ 強いアメリカを提唱するレーガン大統領

1980年代前半、アメリカは大きな問題を抱えていた。経済面では70年代不況下にあり、外交面では新冷戦が始まっていた。 これを打開するために誕生したのが共和党のレーガン大統領である。レーガン大統領は強硬外交を進め、80年代の後半の冷戦終結に結び付いた…

18世紀後半のオスマン帝国 ロシアとクリミア半島を奪われる。

18世紀後半、日本は江戸時代後期。松平定信の寛政の改革のころである。 オスマン帝国は黒海の北部クリミア半島周辺をめぐり、ロシア帝国との戦争を繰り返していた。この戦争は突如として終わった。フランス革命である。 詳細はこちら 18世紀後半のトルコ・ギ…

1980年代後半のアメリカ 冷戦の終結とブッシュ大統領

おはようございます。sekaishiotakuです。今週からはてなブログでは要約だけをかいて、メインの記事はリンク先の別のブログに書いていく感じで進めていきます。 80年代後半の最大の出来事は、冷戦の終結である。80年代に始まった「新冷戦」はレーガン大統領…

1800年代のオスマン帝国 ナポレオンとムハンマド=アリー

1800年代、日本は江戸時代後期。250年にわたる泰平な世を満喫していた。このころ、ヨーロッパではナポレオンがヨーロッパ各地へ遠征をしていた。その中にはオスマン帝国(エジプト)も含まれていた。

1990年代のアメリカ 民主党クリントン大統領とIT革命

1990年代、日本はバブル経済が崩壊。失われた10年の時代に入る。このころ、アメリカでは冷戦が終結。アメリカの1人勝ちの状況となった。そのような中、IT革命がおきた。その象徴がWindows95である。これによりITバブルが発生した。

1810年代のオスマン帝国 ムハンマド=アリーとセルビア独立運動

1810年代、日本は江戸時代後期。化政文化が花開いていたころである。ヨーロッパでは、ナポレオン戦争が終結。ウィーン会議で新体制が整った。 18世紀前半のオスマン帝国は、ムハンマド=アリーを軸に動いていた。この時期、ムハンマド=アリーの功績で、ワッ…

2000年代のアメリカ ブッシュ大統領(子)と9・11テロ

00年代、日本は小泉政権の時代である。 この頃、アメリカでは、共和党ブッシュ大統領が就任した。就任直後に9・11テロが発生。アフガニスタン戦争やイラク戦争が勃発した。ブッシュ大統領末期にはリーマンショックが発生。世界的な不況に発展した。