10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1900年代のアメリカ Th=ローズヴェルト大統領の棍棒外交

 1900年代、日本は日露戦争に勝利し列強の仲間入りを果たした。この日露戦争アメリカにとっても重要な戦争であった。

 90年代の日清戦争で始まった中国分割にアメリカは出遅れた。しかし、日露戦争を仲介することで中国市場への足掛かりをここで得た。

 当時のアメリカ大統領はセオドア=ローズヴェルト大統領である。Th=ローズヴェルト大統領は軍事力を使って中米に影響力を行使し続けた。これを棍棒外交という。また、当時のアメリカはロックフェラーやカーネギーなどの巨大資本企業が台頭してきた。

 

詳細はこちら

1900年代のアメリカ Th=ローズヴェルト大統領の棍棒外交 – 10年100年単位でみる世界史