10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

12世紀のロシア キエフ公国 十字軍遠征の裏で分裂するキエフ公国

 12世紀(1101年~)、日本は平安時代末期。平清盛源頼朝などの武士が政治の中心を担う時代であった。

 このころ、ヨーロッパの最大の出来事は十字軍であった。特に12世紀末に結成された第三回十字軍は、ドイツ、フランス、イギリスの連合軍となる大規模編成となった。ローマ教皇の権威が最高潮になった。

 そのころ、東欧ロシアは、キエフ公国の末期であった。後継者争いで分裂状態にあった。この分裂が13世紀のモンゴルの侵入の要因になる。

続きを読む

1960年代のインド 印パ戦争とインディラ=ガンディ首相就任

 1960年代、日本は高度成長期を迎え、東京オリンピックを開催した。

 そのころ、インドはカシミール地方の帰属をめぐり、パキスタンと戦争を行った。政治面では、国民会議は政権が続いていた。初代ネルー首相が亡くなり、インディラ=ガンディ首相が誕生した。経済政策では、一環して社会主義政策を進めていた。この時代、インドは食糧難に苦しんでいた。

続きを読む

13世紀のロシア キプチャクハン国 バトゥのヨーロッパ遠征

 13世紀はモンゴルの世紀である。ロシアも例外ではない。ロシアはこの時代にモンゴルに征服された。その時に建国されたのがキプチャクハン国である。

 今回は、キプチャクハン国の建国者、バトゥを中心に13世紀のロシアの歴史を見ていく。

続きを読む

1970年代のインド バングラデシュ独立戦争(第三次印パ戦争)

 1970年代、日本は高度成長期が終わり、低成長期に入った。このころ、学生運動が活発化していた。

 そのころ、インドは第3次印パ戦争を行った。国際的には孤立化し、その打開策として核保有国となった。

 内政では、「貧困の追放」を掲げたインディラ=ガンディ政権であった。しかし、徐々に国民の支持を失い政権交代が行われた。

続きを読む

14世紀のロシア キプチャクハン国とモスクワ大公国

 14世紀、日本は南北朝の動乱期である。このころ、世界は戦乱と黒死病などの疫病で暗黒な時代を迎えていた。

 そのころ、ロシアは、モスクワ大公国の時代である。モスクワ大公国は、モンゴル人国家キプチャクハン国に貢納を行っていた。

続きを読む

1980年代前半のインド インディラガンディとシク教徒

 1980年代前半、日本は学生運動の時代が終わり、バブル景気へ向っていた。

 そのころ、インドは

続きを読む

15世紀のロシア イヴァン3世タタールのくびきから離脱

 15世紀(1401年~)、日本は室町時代で、金閣寺銀閣寺ができたころである。

 このころ、ロシアは当時モスクワ大公国とよばれ、モンゴル人国家に貢納を行っていた。

 ビザンツ帝国が滅亡すると、モスクワ大国はビザンツ皇族と婚姻関係をむすび、ビザンツ皇帝の後継者の立場をとるようになる。それと合わせて、モンゴル人国家への貢納を取りやめ、独立国への道を歩み始める。

続きを読む