10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。HPを開設しました。https://sekaishiotaku.com/

1970年代のアメリカ ニクソンショック

1970年代にはいると、アメリカは不況のど真ん中にあった。そのような中で誕生したのが誕生したのがニクソン共和党大統領であった。ニクソン大統領は泥沼化するベトナム戦争を解決するため、訪中した。さらに、ブレトンウッズ体制から離脱した。 しかし、弱っ…

18世紀前半のオスマン帝国 チューリップ時代のオスマン帝国

18世紀前半のオスマン帝国(トルコ・ギリシャ)はチューリップ時代という文化が花開いた時代に入る。当時同盟国のフランスは太陽王ルイ14世の絶頂期でフランス文化がトルコの宮廷に大きな影響を与えた。 一方で、北(ロシア)と東(イラン)に2人の強敵が現…

1980年代のアメリカ 強いアメリカを提唱するレーガン大統領

1980年代前半、アメリカは大きな問題を抱えていた。経済面では70年代不況下にあり、外交面では新冷戦が始まっていた。 これを打開するために誕生したのが共和党のレーガン大統領である。レーガン大統領は強硬外交を進め、80年代の後半の冷戦終結に結び付いた…

18世紀後半のオスマン帝国 ロシアとクリミア半島を奪われる。

18世紀後半、日本は江戸時代後期。松平定信の寛政の改革のころである。 オスマン帝国は黒海の北部クリミア半島周辺をめぐり、ロシア帝国との戦争を繰り返していた。この戦争は突如として終わった。フランス革命である。 詳細はこちら 18世紀後半のトルコ・ギ…

1980年代後半のアメリカ 冷戦の終結とブッシュ大統領

おはようございます。sekaishiotakuです。今週からはてなブログでは要約だけをかいて、メインの記事はリンク先の別のブログに書いていく感じで進めていきます。 80年代後半の最大の出来事は、冷戦の終結である。80年代に始まった「新冷戦」はレーガン大統領…

1800年代のオスマン帝国 ナポレオンとムハンマド=アリー

1800年代、日本は江戸時代後期。250年にわたる泰平な世を満喫していた。このころ、ヨーロッパではナポレオンがヨーロッパ各地へ遠征をしていた。その中にはオスマン帝国(エジプト)も含まれていた。

1990年代のアメリカ 民主党クリントン大統領とIT革命

1990年代、日本はバブル経済が崩壊。失われた10年の時代に入る。このころ、アメリカでは冷戦が終結。アメリカの1人勝ちの状況となった。そのような中、IT革命がおきた。その象徴がWindows95である。これによりITバブルが発生した。

1810年代のオスマン帝国 ムハンマド=アリーとセルビア独立運動

1810年代、日本は江戸時代後期。化政文化が花開いていたころである。ヨーロッパでは、ナポレオン戦争が終結。ウィーン会議で新体制が整った。 18世紀前半のオスマン帝国は、ムハンマド=アリーを軸に動いていた。この時期、ムハンマド=アリーの功績で、ワッ…

2000年代のアメリカ ブッシュ大統領(子)と9・11テロ

00年代、日本は小泉政権の時代である。 この頃、アメリカでは、共和党ブッシュ大統領が就任した。就任直後に9・11テロが発生。アフガニスタン戦争やイラク戦争が勃発した。ブッシュ大統領末期にはリーマンショックが発生。世界的な不況に発展した。

1820年代のオスマン帝国 ギリシャ独立戦争

1820年代、日本は江戸時代後期。家斉バブルで化政文化が花開いていた。 このころ、オスマン帝国ではバルカン半島の独立運動に苦慮していた。ギリシャ独立戦争である。

2010年代のアメリカ 民主党オバマ大統領と

今日から、アメリカ史編を始めます。今回は、共和党トランプ大統領と民主党オバマ大統領を比較しながら、共和党と民主党の違いを見ていきます。

1830年代のトルコ・ギリシャ エジプト=トルコ戦争

1830年代、日本は江戸時代後半。化政文化が花開いたころである。 このころ、オスマン帝国は、エジプトの独立戦争に奔走していた。20年代のギリシャ独立戦争、30年代のエジプト=トルコ戦争で、ヨーロッパの進歩を目の当たりにした。これが、40年代の第一次タ…

紀元前2世紀以前のイギリス ケルト人とは

今回は、イギリス編の最終回です。紀元前2世紀以前のイギリスを見ていきます。

1840年代のトルコ・ギリシャ キリスト教徒にやさしい政治(タンジマート)

1840年代、日本は江戸時代末期。清王朝のアヘン戦争で揺れていたころである。 このころ、オスマン帝国はエジプト=トルコ戦争への反省を踏まえ、改革を断行した。タンジマートである。

紀元前1世紀のイギリス カエサルを撃退するブリトン人

紀元前1世紀、東アジアは漢王朝の時代。前漢の武帝が活躍していたころである。この頃、ヨーロッパ(ローマ帝国)では内乱の1世紀といわれる内紛が絶えない時代を迎えていた。

1850年のトルコ・ギリシャ 世界が守ってくれたクリミア戦争

1850年代、アメリカは日本へペリーを派遣した。ペリー来航である。なぜ、アメリカはこのタイミングで日本へ使者を送ったのだろうか。この時、ヨーロッパは世界的な戦争に巻き込まれていた。クリミア戦争である。

1世紀のイギリス ローマか帝国に支配されるブリトン人

1世紀、東アジアでは漢王朝が復興し後漢の時代に入った。一方でローマ帝国ではキリスト教が成立。ネロ帝はキリスト教を迫害した。

1860年代のトルコ・ギリシャ 西洋化を進めるオスマン帝国

1860年代、日本では、江戸時代が終わり明治時代に入った。日本は列強に追いつくため、さらに西洋化政策を進めた。一方、オスマン帝国も日本同様に西洋化政策を進めた。その中で台頭してきたいのが、日本では伊藤博文であり、オスマン帝国ではミドハトであっ…

2世紀のイギリス ローマ帝国、ハドリアヌスの長城を築く

2世紀、東西の2大帝国が反映した時代である。東には、漢王朝(後漢)が全盛期を迎えていた。一方、西には、ローマ帝国が五賢帝の全盛期を迎えていた。 当時のイギリスも、ローマ帝国の支配下にあった。

1870年代のギリシャ・トルコ ミドハト憲法と露土戦争

1870年代、日本は明治初期。岩倉使節団が欧米を訪れていたころである。 このころ、トルコでは、ミドハトがアジア初の憲法を作った。しかし、まもなくこれは停止された。そのような中、露土戦争が勃発した。

3世紀のイギリス 軍人皇帝時代で、ローマの影響は薄くなる。

3世紀、東アジアでは漢王朝が滅亡。三国志の時代へ入った。一方、ローマ帝国も五賢帝の黄金期がおわり、軍人皇帝の時代に入った。これによりローマ帝国は衰退した。 当時のイングランドは、ローマ帝国の支配下にあった。しかし、軍事皇帝時代に入ると、ロー…

1880年代のトルコ・ギリシャ オリエント急行開通

1880年代ミドハト憲法に遅れて、大日本帝国憲法が制定された。このころ、ヨーロッパはアフリカ分割にいそしんでいた。 そのころ、オスマン帝国は、70年代の露土戦争の敗北により、衰退方向に向かっていた。

4世紀のイギリス ラテン人(ローマ人)が逃亡

4世紀、日本は古墳時代。中国が五胡十六国の戦乱期のためこのころの日本の様子がわかる書物が残っていない。 この時期、イングランドはブリタニアとよばれ、ラテン人(ローマ人)が支配していた。この頃からゲルマン人がイングランドへの侵入を繰り返した。…

1890年代のトルコ・ギリシャ ドイツ帝国の3B政策

1890年代、清王朝が日清戦争で日本に敗北。列強の植民地競争はついに東アジアへ到達した。 そのような中、オスマン帝国などの中東諸国は一時の平和が訪れた。そのような中、ドイツ皇帝ヴェルヘルム2世が来訪した。オスマン帝国は乗ってはいけないバスに乗っ…

5世紀のイギリス ゲルマン人がやってきた

5世紀、日本は古墳時代。中国の南朝の朝貢を開始したころである。

1900年代のトルコ・ギリシャ 日露戦争をきっかけに青年トルコ革命が起こる。

1900年代、日本は日露戦争で大国ロシアに勝利した。これはアジア各地に勇気を与えた。これにより、アジア各地の独立運動は加速化した。 もちろん、これはオスマン帝国にも影響を与えた。青年トルコ革命である。

6世紀のイギリス アングロ=サクソン七王国の成立

6世紀、日本に仏教が伝来したころである。同じ頃、イングランドにもキリスト教が伝来した。

1910年代のトルコ・ギリシア 第一次世界大戦でオスマン帝国が滅亡

1910年代最大最悪の出来ことは第一次世界大戦である。この戦争にオスマン帝国に敗北。これによりオスマン帝国は滅亡した。以後、中東地域は現在まで多くの国が分裂し、統一国家は登場していない。

7世紀のイギリス アングロ=サクソン七王国にキリスト教が広まる

7世紀、日本は飛鳥時代。聖徳太子の時代から大化の改新を経て天武・持統天皇の時代である。 この頃、イギリスはアングロ=サクソン七王国の戦乱期であった。この時期にアングロサクソン人はキリスト教を信仰するようになった。

1920年代のトルコ・ギリシャ ケマル大統領とトルコ革命

1920年代、第一次世界大戦が終結し、つかの間の平和が訪れた。アメリカは栄光の20年代を謳歌していた。 この時期、トルコは重要な転換点を迎えていた。第一次世界大戦でオスマン帝国が崩壊。トルコ革命が発生。現在のトルコ共和国が成立した。