10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1世紀のペルシア パルティア ローマ帝国との攻防

 1世紀、2大帝国が帝国の地位を固める時代であった。
 このころ、ペルシアは、遊牧ペルシア人のパルティアが治めていた。

 

 

ローマ帝国の侵攻

 ローマ帝国は、共和制から帝政へ移行

   カフカス地方のアルメニアをめぐりしばしばたたかう。

ゾロアスター教が浸透

 当時のペルシアは、ヘレニズム文化が浸透していた。
 ギリシアの貨幣やギリシア語(コイネー)が使用されていた。

 ヘレニズム文化とは

  ギリシア文化とオリエント文化の融合

       民族や階級の違いを無視した平等意識

  国家・集団よりも個人  

  

 しかし、このころになるとペルシアの伝統文化が復興してきた。

 77年には、ゾロアスター教の経典が作られた。

パキスタンクシャーナ朝が成立

 中央アジアの大月氏の有力諸侯の一人が他の諸侯を制圧して成立

 シルクロードをおさえ、陸上交易で栄える。

 ヘレニズム文化とインドの文化が融合し、ガンダーラ美術がおこる。

 90年には、漢王朝の侵攻を受ける。

次回予告

「紀元前1世紀のペルシア パルティア 共和政ローマを撃退」

このころのヨーロッパは

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 このころの東アジアは

 

sekaishiotaku.hatenablog.com