10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1810年代の中国 清王朝 ウィーン会議でイギリスが台頭

 清王朝は、広州の麻薬中毒患者が増加したため、アヘン輸入の取り締まりを開始した。一方で、イギリス政府は清王朝自由貿易交渉を行っている。

  当時のヨーロッパは、ナポレオン戦争の真っ最中であった。14年にはウィーン会議ナポレオン戦争終結。ヨーロッパに平和が訪れた。当時のイギリスは、産業革命蒸気機関車や蒸気船が発明された。一方で大陸がナポレオン戦争で混乱している中、アメリカイギリス戦争を実施。また、ナポレオンの支配下に入ったオランダからジャワ島を占領した。
 ウィーン会議で、独立を回復したオランダにジャワ島を返還する代わりに、ケープ植民地、スリランカを領有。これにより、アジアの覇者は、オランダからイギリスに変った。
一方、清王朝の北のロシア帝国は、アレクサンドル1世の時代。ナポレオンのロシア遠征を撃退。ウィーン会議でヨーロッパの強国の一つになった。

そのころ、日本は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com