10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

紀元前1世紀のフランス 共和政ローマ 内乱の1世紀とカエサルのガリア遠征

 

 

 紀元前1世紀、グラッスス兄弟の改革が失敗に終わり、ローマ帝国は2つのグループに分かれた。グラッスス兄弟の改革を支持する平民派と元老院を支持する門閥派である。
 1世紀は、イタリアの同盟市の反乱、奴隷の反乱によって有力政治家が台頭。最初に台頭したのが門閥派のスラ、次に平民派のカエサル。そして最後に台頭したのがオクタウィアヌスである。そして、ローマは帝政に入った。

 

 内乱の1世紀

 紀元前1世紀、共和制ローマは内乱による混乱期となった。この内乱を鎮めたのは有力政治家による傭兵集団であった。傭兵集団で名を挙げたのは、マリウス、スラ、ポンペイウスクラッススカエサルなどである。
 有力な政治家は、マリウスを中心とした平民派(平民である騎士階級)とスラを中心とする門閥派(元老院などの貴族)で対立していた。

紀元前91年 同盟市戦争

 イタリア半島内の同盟市がローマ市民権を求めた戦争
  ローマ市民権 → 政治(民会)に参加する権利
 マリウスが最初に当たったが失敗
 スラの活躍により鎮圧
 イタリア国内の奴隷でないものはローマ市民となった。

紀元前88年 ミトリダデス戦争

 共和制ローマとトルコ(ミトリダデス)との戦争
 共和制ローマはスラを派遣して和睦
 そのころ、首都ローマではスラのいないすきに、マリウスら平民派が台頭した。

紀元前82年 スラの独裁

 平民派のマリウスらを追放
 クラッスス兄弟の改革以前の貴族支配の状況へ戻す

紀元前73年 スパルタクスの反乱

 最大規模の奴隷の反乱
 奴隷の仕事
  ラティフンディアの労働力
  剣闘士「パンと見世物」
 クラッススポンペイウスの活躍により鎮圧

第1回三頭政治

 スラの独裁後も門閥派が活躍した。その代表格がポンペイウスクラッススであった。一方で平民派で台頭してきたのがカエサルであった。

紀元前67年 ポンペイウス、地中海の海賊討伐で活躍

紀元前66年 ポンペイウス、トルコへ遠征

紀元前64年 ポンペイウスセレウコス朝シリアを滅ぼす。
 セレウコス朝シリアとは、
  かつてオリエントを統一したアレキサンダー大王の後を継いだ国の1つ

紀元前63年 ポンペイウス、イスラエス(ユダヤ人)を征服

紀元前60年 第1回三頭政治
 ポンペイウスクラッススカエサルによる政治同盟
  元老院に対抗
  三頭政治によりカエサルコンスルに就任

 ポンペイウス(軍人 兼 政治家)
  スラの腹心として活躍
  東側(トルコ・シリア)の戦闘で活躍

 カエサル(将軍)
  平民派の政治家
       スラの独裁期には冷遇
  スペイン総督で財を築く
  ローマ帝国西部(スペイン・フランス)の戦闘で活躍

 クラッスス(富豪)
  スラの腹心として活躍
  ポンペイウスと対立し、カエサルを支援するようになる。

紀元前58年 カエサル、フランス(ガリア)遠征。 
 ドイツ、イングランドまで侵攻した支配までは至らなかった。     

 

紀元前54年 カエサルの娘(ポンペイウスの妻)が死去

紀元前53年 クラッスス、ペルシア(パルティア)との戦いで戦死
 ローマ VS パルティア の抗争が始まる。

 この2つの事件により、カエサルポンペイウスの対立が始まる。


紀元前49年 イタリアへ進軍
 イタリアの国境ルビコン川を渡るときの名セリフ
   「賽は投げられた」

紀元前48年 ポンペイウス元老院は首都ローマを放棄

紀元前48年 ポンペイウスギリシア⇒エジプトへ逃亡
      エジプトで最期を迎える。

紀元前48年 カエサル、エジプト遠征。
 エジプトは当時、クレオパトラと弟プトレマイオス13世の内紛下
 カエサルは、これを仲裁。
 エジプトは、親クレオパトラ派の国王を擁立した。

平民派カエサルの独裁

 ポンペイウスを倒し、エジプトの内紛を納めたカエサルは、紀元前46年ローマに凱旋。独裁官に就任した。
 このとき、ユリウス暦を制定した。16世紀にグレゴリウス歴が制定されるまで使われた。

紀元前46年 カエサル、独裁(独裁官に連続して就任)

紀元前45年 カエサル、終身独裁官に就任

紀元前44年 カエサル、暗殺 「ブルータス、お前もか」

 

第2回三頭政治

紀元前43年 第2回三頭政治

 オクタウィアヌス
  カエサルの養子
  西側(エジプト、シリアなど)を担当

 アントニウス
  カエサルの武将
  東側(フランス、スペインなど)を担当

 レピドゥス
  カエサルの武将
  三頭政治の仲介役
  北アフリカを担当
  
紀元前36年 アントニウス、パルティア遠征に失敗

ローマ帝政へ オクタウィアヌスの治世

紀元前31年 アクティウム海戦でエジプトを破り、ローマが地中海を統一

 オクタウィアヌスは、アントニウス・エジプト(クレオパトラ)連合軍を破る。
 もと、アレキサンダー大王の最後の後継国プトレマイオス朝エジプトが、共和制ローマの属州になる。

紀元前27年 共和制ローマ、元首制(帝政)となる。

 初代ローマ皇帝 オクタウィアヌス
 元老院(貴族)が、「尊厳者(アウグストゥス)」の称号を贈る。

 

次回予告

「紀元前2世紀のフランス ローマ帝国 ポエニ戦争とグラッスス兄弟の改革」

このころの中国は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com