10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1790年代のイギリス 小ピットはフランス革命にどのように対応したか

 今回から、18世紀のイギリス史を見ていきます。イギリス史については18世紀も10年単位でみていきます。

 1890年代、日本は江戸時代後期。寛政の改革をすすめる老中松平定信が失脚。徳川家斉の親政が始まる。これにより、江戸幕府は財政は厳しくなるが、江戸の景気を大きく好転した。

 この頃、ヨーロッパではフランス革命が勃発。イギリスの若き首相、小ピットはこの対応に苦慮した。

 

前回までの復習

18世紀のイギリスは

 18世紀は頻繁に戦争が行われた。スペイン継承戦争オーストリア継承戦争七年戦争アメリカ独立戦争、そして今回のフランス革命である。その時のポイントは、プロイセンオーストリアの敵と味方の確認である。18世紀は神聖ローマ帝国の一諸侯に過ぎなかったプロイセン公国が、ウィーン体制で四国同盟に参加するまでの大国になる歴史である。一方で、オーストリア国王は神聖ローマ帝国の皇帝である。しかし、ウィーン体制でこの神聖ローマ帝国は完全に崩壊する。いわばオーストリアの衰退の歴史である。

 一方、18世紀のイギリスを見るうえで重要なことは、フランスとイギリスの百年戦争である。この時のポイントは2点である。1つ目はフランスとイギリスのどちらがオーストリアの味方になったのか。もう一つは、インドとアメリカの状況である。この時期のヨーロッパの戦争は同時にアメリカとインドでもイギリスVSアメリカの戦争が行われていた。

フランス革命の復習

 フランス革命は、貴族への課税問題を発端に始まった。貴族が平民を議会から追放するとパリ市民が蜂起。バスティーユ監獄を襲撃した。これにより、フランスは立憲君主制になった。その後、パリ市民はヴェルサイユ宮殿を襲撃(ヴェルサイユ行進)。フランス国王ルイ16世は、これに恐怖を感じ国外逃亡を謀るも失敗。(ヴァレンヌ逃亡事件)。これにより、王党派は失脚。ルイ16世は処刑され、共和制へ移行した。その後、ロベスピエール社会主義政策を行うも失敗。ナポレオンの時代を迎える。

 最後に、過去にフランス革命について書いた過去の記事(フランス編)のリンクを貼ったので詳しく知りたい人はこちらを見てください。

若き首相、トーリ党小ピット

 当時、イギリスの首相は、ウィリアムピット首相であった。彼はアメリカ独立戦争講和条約締結後に首相になった。若干24歳の若き首相であった。小ピット首相は当初、フランス革命に対して中立の立場をとっていた。

ルイ16世の処刑と第一回対仏大同盟

 フランス革命の最中、ルイ16世は処刑された。これは、ヨーロッパ各国の国王はこれに震え上がった。さらに、フランス革命政府は干渉戦争に向かっていた。実際ベルギー・オランダへの侵攻を検討していた。

 これに対し、イギリスの小ピット首相は第一回対仏大同盟が結成された。ターゲットになったオランダをはじめ、ブルボン朝スペイン、オーストリアプロイセン、ロシアなどである。

 しかし、その裏で、旧ブルボン朝フランスの海外植民地を狙っていた。

 この第一回対仏大同盟は、オーストリアがナポレオンのフランスに降伏すると解散した。

 

ナポレオンのエジプト遠征と第2回対仏大同盟

 ナポレオンは、イギリスを警戒していた。そのため、イギリスとインドを結ぶエジプトへ遠征を行った。

 これに対し、小ピットは第二回大同盟を結成した。

 

インド・アジアでは

  七年戦争で、インドは、イギリスの勢力圏となっていた。しかし、アジアで覇権を握っていたのはオランダである。

 ナポレオン戦争が始まると、オランダはフランスの支配下になった。小ピットは旧オランダ植民地を攻撃した。

 インド洋の入り口、南アフリカケープタウンを占領した。これは、ウィーン会議で追認された。

 このころ、小ピットは清王朝にマカートニーを派遣した。当時の清王朝乾隆帝の全盛期である。マカートニーは乾隆帝に謁見はできたものの開国することはできなかった。

アメリカでは

 フランス革命は、アメリカ独立戦争の報復戦争の側面を持っていた。当時、イギリスはカナダを植民地とし、あわよくばアメリカ奪還を狙っていた。第一回対仏大同盟が結成されると、中米のフランス植民地を攻撃した。

 

この頃の日本は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 

フランス革命とは

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 マカートニーが向かった清王朝

 

sekaishiotaku.hatenablog.com