10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

8世紀のペルシア アッバース朝 アッバース革命

 8世紀、日本は奈良時代。仏教が厚く保護された。このころ、唐やペルシアの文化の影響を色濃く受けていた。

 そのころ、ペルシア(イラン)は

 

 

50年 アッバース革命

   ペルシア人などのイスラム改宗者とシーア派による革命
   都は、メソポタミアイラク)のバグダード
   税制改革
    ハラージュ(地租) アラブ人は免税 → 被征服地はすべて課税
    シズヤ(人頭税) 改宗者は免税
     → 剣(戦争)か、改宗か、シズヤか

51年 タラス河畔の戦いで、唐王朝に勝利

   中央アジアをめぐり、イスラム軍と唐王朝が激突
   イスラム軍が勝利
    唐王朝は、この敗戦以降衰退期に入る。
   この戦いの唐王朝の捕虜がイスラム圏に製紙法を伝える。

86年 ハールーン=アッラシード即位

   ペルシア人官僚 ← ササン朝ペルシアの統治方法を使う。
   トルコ人軍人奴隷(マムルーク)← 突厥以来の騎馬戦法

 

次回予告

「7世紀のペルシア ウマイヤ朝 ササン朝滅亡」

 

このころの日本は

 

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 このころの西洋は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 このころの中国は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 

 このころ西洋は