10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

9世紀のペルシア サーマーン朝とアッバース朝 アッバース朝の分裂

 9世紀、日本は平安時代初期。まだ唐の文化が色濃い時代。

 ペルシアは、アラブ(イスラム教徒)のアッバース朝支配下にあった。しかし、アッバース朝は衰退期に入り、ペルシアにも独立国が成立した。

 

 

09年 アッバース朝、ハールーン=アッラシード没
    アッバース朝は分裂期に入る
    地方総督(アミール)が独立して地方王朝が確立される。

40年 中央アジアにトルコ系カラ=ハン朝が成立
   突厥(トルコ系騎馬民族)の流れをくむ

   

75年 中央アジアでサーマーン朝成立
   中央アジアで初めてのイスラム王朝
    → アッバース朝から独立
    → 9世紀末にはペルシアへ進出
   ペルシア人初のイスラム王朝
   中央アジアで、トルコ系騎馬民族の子どもを買い集め軍人奴隷として育成。
    → マムルークとしてほかのイスラム王朝へ売却

 

次回予告

「8世紀のペルシア アッバース朝 アッバース革命とは」

このころ日本は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 このころ西洋は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 このころ中国は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com