10年単位100年単位でみる世界史まとめブログ

世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。

1989年のフランス ミッテラン大統領 ミッテラン大統領再選とベルリンの壁崩壊

 88年、ミッテラン大統領が再選。おなじ88年イラン・イラク戦争が停戦。ソ連では経済改革(ペレストロイカ)が始まる。翌89年、ドイツでは、ベルリンの壁が崩壊した。

 東西冷戦の終結の流れは88年に始まった。ソ連では、85年就任したゴルバチョフ書記長が、88年1月経済改革(ペレストロイカ)を始める。89年には複数政党による議会選挙が行われた。
 88年のペレストロイカは、東欧諸国の民主化を進めた。89年11月にはドイツでベルリンの壁が崩壊した。
 そのような、88年のフランス大統領選挙は、ミッテラン大統領は、保守派のシラク首相に圧勝。再選を果たした。議会選挙でも、社会党など左派が躍進した。
 イラン・イラク戦争は、88年イランが、87年の安保理決議を受け入れ停戦した。その後のイランは、89年6月革命の父ホメイニー氏が死去。90年9月イラクとの国交を回復した。一方、イラクは、90年8月クウェート侵攻。湾岸戦争に向かう。

 

そのころ日本は、

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 

そのころの中国は

 

sekaishiotaku.hatenablog.com

 その後のフランスは

 

sekaishiotaku.hatenablog.com